栄和サインシステム株式会社 北海道札幌の広告サイン・看板企画制作

TOP > 工場紹介 > フレックスフィルム棟
色とりどりのフィルムが並ぶフレックスフィルム棟の建物内は2フロアに分かれています。
1Fではデザインカッターを片手に作業するビックテーブルの作業スペースのほかに、高性能巨大プリンターの専用スペースがあります。2Fには高速道路など屋外にも使用されるサイン制作用の特殊印刷機器や膜型サインの特殊関連機器が並ぶ巨大空間になっています。
栄和サインシステム株式会社に発注される看板は様々でフレックスフィルム棟のみで完結する特殊看板や小規模看板もあります。
塩化ビニールのカラー素材を貼り付けくり抜いていく作業はミリ単位の仕事になります。息を止めてしまいそうなほど繊細な仕事なだけに、仕上がりは手作業とは思えない正確さです。
フレックスフィルム棟で製作の看板は時に、20mを超える規模の場合もありますが素材のよじれはもちろんのこと、一粒の気泡さえも許しません。
十分な環境で集中できるから常に厳しい目で確認し、高い品質を保つことができます。
大型印刷機を使用した道路案内等の印刷も可能です。
最新のカッティングマシーンを所有しているので加工速度にも自信があります。
特殊加工フィルムの巨大膜型サインの制作に用いる圧着機器は機械も巨大です。
栄和サインシステム工場紹介
Copyright 2015 EIWA Co.Ltd All rights reserved